ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

データ復旧

こんなデータ復旧もあります
Buffalo社製外付け250GB HDDバッファロHD

外付けHDDが起動しなくなったのでデータを取り出したいとのこと
症状は電源が入らないそうです
早速分解を開始
底にある+ネジを外せば簡単に正面パネルが外れます

HES250U2-1
HES250U2-2

あとは2枚の側板はパネル側に引いて外しますHES250U2-3
ここまで外すと電源が見えます

BuffHDD04
電解コンデンサがパンクしてます

BuffHDD22

交換すれば元通り

BuffHDD13

データは全く壊れていません

データ復旧完了ですね

デスクトップパソコンFRONTIERのコンデンサ液漏れ修理

ショップブランドパソコンFRONTIER
OSがWindowsXPであり今でも充分実用になるデスクトップパソコンですが
電源を落としてもリスタートがかかり再起動するのでシャットダウン出来なくなったので修理実施

DSC_0008

このパソコンにはASUSのマザーボードが採用されてます

DSC_0003

基板を良く見ると
電解コンデンサに液漏れが見られます
俗にいう電解コンデンサのパンクですね

DSC_0002

電解コンデンサーを交換修理しました
その他、CPU冷却FANは8cm、回転数が高めなのでかなりうるさいですね

DSC_0007

ファームの更新はカメラも同じ

デジタル機器は機械部品(ハードウェアー)とプログラム(ソフトウェアー)で構成されています
OS(OperatingSystem)も広い範囲でプログラムですが
デジタル機器にはその中間の存在であるファームウェアーが存在します
たとえばHDD・DVD・ルータ・HUB等の機器もアップデートできます、またM/BにしてもBIOSという形で入っています
ユーザーはむしろいじらないほうが賢明と思いますが、今回NIKON製カメラの調子が悪くアップデートしてみました
最初のバージョンはV1.00

DSC_0002

メモリーカードに更新プログラムを書き込み
その後バージョンアップを実施

DSC_0004

この間絶対に電源を落とさないように
更新途中のファーム更新終了は致命傷となり二度と動作しないことがあります
よほどの不具合がない限り、ファームウェアーの更新はお勧めしません

DSC_0007

無事V1.01に更新できました

DSC_0009

終了すれば動作的にはどうってことはないですし(裏方のため動作変化が分からないことが多い)、操作的には何ら変わらないと思います

 

2013年10月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

PC PERFORMER

PC PERFORMERは限りなくウィルスに近いソフトです

12345

頼みもしないのに勝手にパソコンをスキャンして余計な性能向上を唄ってますが効果はありません、というよりむしろ害があるのではないかと…

こんなソフトをダウンロードさせられないために
FreeSoftをダウンロードする際には
目的のソフト以外に余計なウィルス紛いソフトを偽ってダウンロードしないことが重要です

特にソフトニックのサイトは要注意です

その他Babylon Toolbarのツールバーも悪評高く、注意が必要です

2013年6月29日 | カテゴリー : ウィルス | 投稿者 : admin